YOUTUBE 映画視聴メニュー



気分転換メニュー
       TOPメニュー




水滸伝(スイコデン) 1~86話

明代の中国で書かれた伝奇歴史小説の大作、「中国四大奇書」の一つ。
施耐庵(あるいは羅貫中)が、それまでの講談(北宋の徽宗期に起こった反乱を題材とする物語)を集大成して創作されたとされる。なお、「滸」は「ほとり」の意味であり、『水滸伝』とは「水のほとりの物語」という意味である(「水のほとり」とは、本拠地である梁山泊を指す)。


*****

最上の命医 第1話

最上の命医 第2話

最上の命医 第3話

最上の命医 第4話

最上の命医 第5話

最上の命医 第6話

最上の命医 第7話

最上の命医 第8話

最上の命医 第9話

最上の命医 第10話




*****

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第01話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第02話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第03話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第04話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第05話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第06話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第07話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第08話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第09話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第10話

ヴォイス ~命なき者の声~『VOICE』 第11話



*****

危険なカンケイ

エセ肉食女の恋愛事情

天使の声


時代劇ドラマ


覚醒 - KA・KU・SE・I -


ストレーヤズ クロニクル


脳男


舞妓はレディ


THE LAST MESSAGE 海猿


ジヌよさらば かむろば村へ



犯罪映画フル 2010

犯罪映画フル 2012

犯罪映画フル 2017



S-最後の警官ー奪回




*****

グレート ティーチャー オニヅカ
GTO 2012 Special 01 Oni rage in Autumn too Special


グレート ティーチャー オニヅカ
GTO 2013 Special 02 New Year's Special


グレート ティーチャー オニヅカ
GTO 2013 Special 03 Graduation


グレート ティーチャー オニヅカ
GTO Great Teacher Onizuka 2012




*****

HiENA ROaD ハイエナ アフガン カンダハル

エンド・オブ・キングダム 2016 アクション映画

エージェント ライアン

71 アウトバーン ~組織犯罪対策課 八神瑛子

セレブと貧乏太郎 1話


*****

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #01

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #02

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #03

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #04

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #05

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #06

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #07

釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助 Season1 #08



*****

高校教師 2003 1話

高校教師 2003 2話

高校教師 2003 3話

高校教師 2003 4話

高校教師 2003 5話

高校教師 2003 6話

高校教師 2003 7話

高校教師 2003 8話

高校教師 2003 9話


*****

Brain Man - No Otoko


*****

剣客商売(とりあえず20タイトルアップ)

ウィキペディアより抜粋

剣客商売』(けんかくしょうばい)は、池波正太郎による時代小説。1972年1月から1989年7月まで『小説新潮』で断続的に連載された。また、番外編として「黒白」と「ないしょないしょ」の2篇が、1981年4月から1988年5月まで『週刊新潮』で連載された。

『鬼平犯科帳』や『仕掛人・藤枝梅安』と並ぶ池波正太郎の代表作である。全16巻の単行本は2004年2月時点で1800万部以上が出版され、テレビ・舞台・漫画化されている。無外流の老剣客、秋山小兵衛(あきやま こへえ)を主人公とし、小兵衛と後添いのおはる、息子の大治郎、女剣客の佐々木三冬らが、江戸を舞台に様々な事件に遭遇し活躍する。

池波の死去により未完となっているが、晩年のインタビューでは「この後は小兵衛の孫の小太郎を主人公にするつもり」と構想を明かしていた。

池波は新潮社刊『日曜日の万年筆』に収録された随筆「名前について」で「小兵衛の性格については、いろいろなモデルがあるのだけれども、その風貌は旧知の歌舞伎俳優・中村又五郎をモデルにした」と書いており、後述するように中村又五郎は実際に小兵衛をテレビドラマで2度演じたことがある。













TOPメニュー