WINDOWSパソコンの場合は "f11" キーでフルスクリーンで楽しめます。再度 "f11" キーを押すことで元に戻れます。


新聞ニュースに触発され、五泉市の水芭蕉公園に直行だ!

2017/04/01

五泉の四季   トップメニュー   
 背景変更






  水芭蕉 (みずばしょう)         所在地 GoogleMap



昨日の新聞ニュースで、五泉市の水芭蕉が見頃とのこと! このような情報に接すればカメラマニアには見逃せないはずです。天気予報では午後には青空が顔を見せるはずとのことなので、ためらうことなく出かけることとした。

結果的には、青空や太陽は顔を見せてくれなかったのだが、望ましいとは思えない撮影条件でも撮影には十分楽しめたので大満足! それにしても新聞ニュースの宣伝効果はスゴイ! 多くの観光客が続々と押し寄せていました!!!

もう一言付け加えるのならば、水芭蕉の撮影は難しい! の一言。 あちこちの方向に無秩序に花弁を咲き開く奔放さ?、要するに秩序が欠落した奔放な開花スタイルであって、カメラ撮影の構図設定や撮影ポイントの設定が、私のような無頓着なカメラマンには、チンプンカンプンなのだ? 加えて、青空であれば陽光は水芭蕉の生息する水面を輝かせ、同時に水芭蕉の真っ白な花弁と、それを取り巻く広めの緑の葉っぱ、とのコントラストを極めるはず? と期待するからだ。 ともあれ、そんな期待からすれば今日は残念至極だった(泣く)。

いえいえ、雨が降らなかったので、十二分に美しい風景を愉しませてもらいました。引きも切らず訪れる、多くの人々が心を惹かれるのだから、水面に清楚に咲く、恥ずかしい素振りの水芭蕉は、男女を問わず心を引き寄せる魔力を有しているということなのでしょう!

今日の撮影ポイントは、水芭蕉は単調で奔放な、お姿なので、水芭蕉を取り囲むチビチビした水流を引き立たせて撮影したら、チョットは生き生きした水芭蕉の表情を引き出せるのではないかと頑張ってみました???



さて、漠然とした水芭蕉園、ただっ広いのだけれど、どのように撮影すべきか? カメラマニアとは言え、真っ先に撮影の難しさを感じた。でも、心持不安定な木橋の歩道をフラ付きながら、踏み外さないように注意を払いながら、冒頭に述べた水面の流れを感じさせる水芭蕉を撮影すべく、心を鼓舞したのでした!



上下の写真、ちょっとは水面の動きを感じてもえらえるだろうか? 流れそのものは、水量不足であまり流れを感じることはなのだが、流れがあるか、無いかは風景を大きく左右する要素を有するのだ。 それはね、?????ということです?????? 言葉には言い尽くせない素人カメラマニアの宿命か(´;ω;`)ウゥゥ








































































































雪割草が足元に咲いていた!

雪割草










小川の土手に咲いていたキクザキイチゲ!


キクザキイチゲ







芽生え始めたツクシの可愛さよ!





先日お邪魔した田上町梅林公園の梅姫、今日は五泉市水芭蕉公園で水芭蕉姫と変身した姿で再会だ! カメラ大好きレディ、せっかく再会できたからには、貴方のカメラ撮影に邪魔にならないよう注意するので、強引な要望ながらも、またモデル役を務めてくださいね。我が娘よりも若い可愛い娘さんが、カメラ大好きということは、カメラマニアとして嬉しい限りですよ!

















今回訪問させていただいた五泉市の水芭蕉公園は、昨日の新聞報道の効果もあってか、多くの観光客でにぎわっていた。それに訪問者のほとんどはデジカメやスマホなどで、水芭蕉や同行者との撮影を楽しんでいた。綺麗な景色を実際に目で楽しみ、後で撮影した写真を見て、思い出を楽しむといったことが、だれでも簡単に行える今の時代は、カメラ好きとしては、本当に喜ぶべき時代なのだと実感する。





五泉の四季     トップメニュー