WINDOWSパソコンの場合は "f11" キーでフルスクリーンで楽しめます。再度 "f11" キーを押すことで元に戻れます。


ようやく青天、見頃は過ぎている筈だが、
      五泉市百種牡丹園に出向くこととしよう!


2018/05/11


五泉の四季   トップメニュー   
 背景変更





今年はサクラやチューリップの満開時期は、例年よりも1週間程度は早かった。ボタンの開花も同様にゴールデンウイーク時期に満開時期を迎え、以後、雨降りが続いていたため撮影に出向けなかった。今日は久しぶりに天気が回復したので躊躇(ためら)うことなく五泉市の百種牡丹園に出向くこととした。ここの ”東公園ぼたん園” は、GoogleMapの衛星写真を見れば理解できるのだが、紛れもなく真円状に設計された牡丹園なのだ。上空から見ればミステリーサークルと言っても間違いないだろう! しかし、実際に私達が眺める位置は、地表あるいは2m程度の高さの見晴らし台からの眺めなので、牡丹園の全体が真円の花壇であることは実感できないな~。

さて、ボタンの開花状況は想定していた通り、昨夜の風と冷たい雨を受け、いたわしく、みすぼらしい哀れな終焉状態であった。このような撮影環境に遭遇すると、カメラマニアの心にチャレンジ意欲が芽生えるのだろう? ボタンの美しさを必死に咲かせている数少ないボタン花を探し回り、綺麗な写真を撮るべく頑張ったのだ!



五泉市百種牡丹園  ←  GoogleMap







この公園の右側には早出川が流れている。その遠方の山は左から五頭山~菅名岳~白山が遠望できる

牡丹園からは残雪を若干残している白山が望めるのでボタン撮影の借景としてみるか!



満開時期には観光客で埋め尽くされる牡丹園も閑散とした状態であった
当然ながら咲き終えたボタンが多いな~




まだ頑張って美しさを見させてくれているボタンの撮影開始だ!




















































































































































































 このページの文頭にジャンプする 




五泉の四季     トップメニュー