春に猛ダッシュ、アスパークの梅があっと言う間に満開になった!

2018/03/28 & 4/01




亀田町の四季   トップメニュー    背景変更







特に予定が無ければ通い続けている新潟市江南区のアスパーク(亀田総合体育館)、ここ数日の晴天でアスパークを取り囲む樹木が急速に芽生えてきた! 正しく ”春に猛ダッシュ” なのだ! トレーニング後の汗をシャワーでながし、爽快な気分で梅花の開花状態を確認するため、アスパークの後方に位置する “ 梅の里づくり” ゾーンに方向を転じ何時もとは真逆なコースに進んだ! 2~3日は早すぎると感じたものの、梅花の開花は充分楽しませてくれる開花状況だった!

いよいよ間違いなく新潟市も春到来なのだ? 明日、天気が良ければ新潟市の”蒲原神社の梅花”、引き続いて日を跨ぐだろうけど ”田上町の梅園公園”、その後は”五泉市の水芭蕉公園” を訪問したいな!


その日以降、天候に恵まれたため訪問希望先に連日の撮影行脚となりました。 4月1日の今日、日々の日課となったアスパークでのトレーニング終了後に、体育館の裏側に存在する梅並木の開花状況を確認したら、ほぼ満開になっていた! 3月28日にアップのこのHPに今日撮影した写真を追加して再編集することとした。 
































































































































































花の命は短いのだ! でもしっかり梅の実を実らせることだろう? 観賞用の紅梅は実がつくのかな???





番外編 我家の庭花


我が家の庭にも数年前に植えた”コブシ”の花がおやっと言う間に満開した! 早春の時期の殺風景な状況下では、真っ白なので、人目を引きつけるのだ。この花も春のメッセンジャーなのだ!








夕暮れには花弁を閉じてしまう!








ミニスイセン!


何の手入れもしてやらないのに、毎年同じ場所に顔を見せる、小さくてかわいいミニスイセン。小さくとも花弁が真っ黄色のためか殊の外視線をひきつけるのだ!













はなびらタイプのスイセン!


このスイセンは生命力が強靭の様だ? 庭の手入れなどで掘り返された土に、このスイセンの球根が存在すると、移動先の場所地に翌年花を咲かせ、数年もすると、いつの間にやらこのスイセンが庭中に異常に繁殖してしまうのだ。





ヒマラヤユキノシタ!


この花は雪解け後に最初に顔を見せる春のメッセンジャーだ。地面にへばりつくように咲くので目立たない地味な花ではあるが、愛おしさを感じてしまう花だ!









ツバキ!


我家の庭には10本程度の椿が存在する。ではあるが椿の花は、じっくり眺めれば美しいのだが、目立たないというか可憐さに欠けるのか、自分の感覚としては存在感が薄い花だなあ。














我家の食用ウメ(藤五郎梅)!













 このページの文頭にジャンプする 








亀田町の四季      トップメニュー