WINDOWSパソコンの場合は "f11" キーでフルスクリーンで楽しめます。再度 "f11" キーを押すことで元に戻れます。


この上ない快晴下、久しぶりに緑のサクラ、
        北山公園の御衣黄の撮影に出向こう




2018/04/21




亀田町の四季   トップメニュー    背景変更







今日は全国的に好天気の様だ! 午前中は家庭園芸に励み体力ヘトヘト、汗びっしょり。シャワーを浴びてスッキリはしたが、畑仕事は日々トレーニングで鍛えているものの、殊の外、土を相手にした作業はきつく体力を要するのだ。 

昼食時は我慢できず缶ビールを飲み干す羽目となった。昼寝でもしようかと考えたものの、あまりの天気の良さに心が高ぶったまま、今頃満開であろう北山公園の緑のサクラ、正式名が御衣黄の撮影に出向くこととした。もちろん、酒気帯びのためウオーキングで出向くこととした。


我家の白と赤のアメリカハナミズキが満開だ!























庭の隅でひっそりと花を咲かすハナズオウ!









ドウダンツツジの清楚な花姿!














本日の主役、緑のサクラ、正式名は御衣黄!


ギョイコウ(御衣黄)  抜粋:ウィキペディア

ギョイコウ(御衣黄)は、サクラの栽培品種である。花期はソメイヨシノより遅く、京都市や石川県白山市では4月の下旬頃。花の大きさは、京都市や結城市で直径2から2.5センチメートル、北海道松前町で4から4.5センチメートルなど、場所によって異なる。
花弁数は10から15程度の八重咲きで、花弁は肉厚で外側に反り返る。色は白色から淡緑色である。中心部に紅色の条線があり、開花時には目立たないが、次第に中心部から赤みが増してきて(紅変)、散る頃にはかなり赤くなる。場所や時期によって、花の大きさや色合いなどに大きな差がある。

開花初期の花びらは薄緑、最盛期を過ぎると赤みを帯びる。花の緑色は葉緑体によるもので、同じく葉緑体をもつウコン(鬱金)も若干緑色がかかるのだが、その量が少ないためにもっと薄い淡黄色である。また濃緑色の部分の裏側には、ウコンの花にはない気孔も存在する。ギョイコウは、黄色・緑色の花を咲かせるサクラとしてウコンとともに古くから知られていた。その2品種の他にも、1990年代以降スマウラフゲンゾウ(須磨浦普賢象)、ソノサトキザクラ(園里黄桜)、ソノサトリョクリュウ(園里緑龍)の3品種が発見されている。

江戸時代に、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと言われている。「御衣黄」という名前は江戸時代中期から見られ、その由来は貴族の衣服の萌黄色に近いため。古くは「黄桜」「浅葱桜(浅黄桜)」などとも呼ばれていたが、それがギョイコウなのかそれともウコンを指すものなのかはっきりしない。江戸時代にシーボルトが持ち帰った標本が現存している。

珍しいサクラではあるが、沖縄県を除く日本各地の100ヶ所以上で見ることができる。また、現在は合併してなくなったが、かつては秋田県東由利町の町花であった。

理化学研究所では、2007年にギョイコウに重イオンビームを照射し、開花頃には淡黄緑白色、終わりの頃に淡黄ピンク色の新品種「仁科蔵王」を開発した。














帰りは湖畔にある喫茶ハナハナに立ち寄ることとしよう!











 このページの文頭にジャンプする 








亀田町の四季      トップメニュー