WINDOWSパソコンの場合は "f11" キーでフルスクリーンで楽しめます。再度 "f11" キーを押すことで元に戻れます。

曇日には今花盛りのバラ達は、
         どのような光彩を放っているのだろうか?



2018/06/01



亀田町の四季   トップメニュー    背景変更







昨晩は久しぶりに雨が降り、今朝は雨はあがったものの曇空だ。そして、今日6月1日は衣替えの日なのに、昨日までの暑さが心持寒さを感じる気温に転じていた! バラが満開の時期で、こんな曇日は、前々から気になっていたことなのだけど、多くの人達が言っている花の観賞は曇空の時が一番きれいに見られると言った意見だ?

思うに白内障がっかた人たちには、炎天下のバラ花の光彩は眩しすぎるのだろうか? 曇り日では眩しさが消え去り、じっくりと花弁の美しさを楽しむことが出来る。というようなことなのではなかろうか???

こんな自分が感じている疑問や雑念を晴らすため、新潟市江南区亀田の樋口家のバラ園に今年3回目の撮影に出向くこととした。それで、前述の判定結果は如何に? 今日の撮影結果を以下に掲載したが、曇日の花弁の光彩(色彩)は気のせいもあるのだろうが、色合いが深みを増したような感じで、絢爛(けんらん)さは乏しいものの心にしみる美しさだな~?

今回も言い忘れたのだけれど、樋口家のバラ園は手入れの良さの他に、咲き終えたバラ花の摘花の仕方が抜群ですね! 上品な生け花のようで楽しくバラ花の写真撮影に没頭できるのだ!































































































































































































































































 このページの文頭にジャンプする 





亀田町の四季      トップメニュー