豪華な花園に魅せられ多くの観光客が訪れていた、
        ”みつけイングリッシュガーデン”を楽しもう!



2018/05/26



 見附市メニュー      トップメニュー







”みつけイングリッシュガーデン”



イングリッシュガーデンとは  ← ウィキペディアから転載

イギリス式庭園(English garden, English park)は、西洋風の庭園の様式のひとつ。狭義では、平面幾何学式庭園(フランス式庭園)に対して自然の景観美を追求した、広大な苑池から構成されるイギリス風景式庭園を指す。この意味のほかに、19世紀のイギリスで認識されるようになったコテージガーデン(en:Cottage garden)などの園芸様式を含めて用いることもあり、現代日本において家庭園芸(ガーデニング)用語として使われる「イングリッシュガーデン」は、この流れを汲む。

曇り時々晴れの天気予報だったので、友達を誘い”みつけイングリッシュガーデン”に出かけることとした。幸い天候は晴天であって庭園内の多種類の花々は美しく咲き誇っていたことから、多くの訪問客は大満足のことだったろう。しかし、残念ながらバラの開花状況については未だ3分咲き程度。バラ目当てで訪れた私としては物足らなさを感じてしまった。

帰りに三条市の高城(たかじょう)に立ち寄り、今月末まで開催されている ”高城ヒメサユリ祭り” に出向くこととした。






今日は快晴であったが湿度が低く、蒸し暑さを感じない快適な天候に恵まれた。





残念だな~ 多くのバラの花に包まれるはずのバラ・アーチも、未だ3分咲き程度なのかな?







































































































































































このページのTOPに戻る






 
見附市メニュー      トップメニュー